ジェネリック医薬品とは

薬の調合

新薬が開発されると、そこから20年近くはその製薬会社が特許を持ちます。
しかし、特許が切れれば、他の製薬会社も同じ成分、同じ製法でジェネリック医薬品を開発・販売することができるのです。
もちろん新薬とジェネリック医薬品は同じ効果を持っているため、安心して使用することができます。
それに加え、ジェネリック医薬品の大きな特徴となっているのが、新薬よりもはるかに安い薬価です。

新薬を1から開発するためには、多大な開発コストがかかってしまいます。
時間、費用、手間など1つの医薬品を開発するだけでかかるコストは甚大です。
そのため、かかった開発コストを取り戻す意味でも、新薬の料金はどうしても高くなってしまいます。
それに比べ、ジェネリック医薬品の場合、すでに存在する医薬品の製法をマネて開発されているため、新薬に比べると開発コストは大幅に削減されています。
開発コストがかかっていないということは、それだけ提供価格も安く抑えることができるということで、私たちにとっては大きなメリットになります。

バイアグラジェネリックであるカマグラゴールドももちろん同じで、バイアグラと同じ成分・効果を持っていながら激安価格で販売されています。
同じ効果を発揮してくれるのであれば、当然安いカマグラゴールドを購入したいと考えますよね。
しかし、残念なことに、カマグラゴールドは日本で承認されていないジェネリック医薬品なため、日本国内で購入できない医薬品なのです。